【保護犬チワワ】寧々の人を噛む癖

困った問題
スポンサーリンク

寧々の噛み癖

保護犬カフェに来る前まで、寧々がどんな生活をしていたのかはわかりませんが、声帯を切られており、二つのブリーダーを介して保護犬カフェにたどり着いた経緯からして、おそらく過酷な状況にいたのだと推察します。

小さくなって寝る寧々

時分自身を守る行動からだと思うのですが、寧々には少々噛み癖があります。

我が家に来た日の寧々。少々緊張

噛み癖の原因

犬の噛むという行動は防御反応から。脅威を感じた犬は
1:自ら攻撃する
2:攻撃せず退散する
3:動かない
の3つのうちどれかを選択することになります。
噛むというのはそのうちの1に該当します。

我が家へ来た頃の寧々。子供を出産してすぐに来たため、帝王切開の跡が痛々しかった。。。

寧々の噛み癖

寧々に噛まれそうになったのは、私の父親、友人、散歩中カート内にいる寧々に不用意に手を伸ばそうとした通りがかりの人などです。皆、初めて会った時に手を伸ばして噛まれそうになっており、寧々側の理由としては恐怖や不安、威嚇、防衛本能からだと推察します。寧々もがぶりと噛むわけではなく、噛もうとするしぐさを見せるという感じですが、された側は噛まれそうになったと驚かれるので直さなけれなならない癖ですね。

人を噛んだ(噛みそうになった)後の寧々

「やってしまった」という表情を見せ、牽制した後はバツが悪そうにしています。寧々自身も「やってはいけない」という認識はあるよう。

わが家へきて2-3か月くらいの頃かな。

最近の噛み癖

家へ来たときは人間自体が怖いと思っている節もありました(特に男性)。人が近くにいたり、そばを通るだけで動けなくなったりと警戒心むき出しでしたが、今は皆が悪い人ではないと思うことができたのか、動けなくなることも減り、噛もうとする行為もあまり見られなくなりました。ただ、カート内にいる時に不用意に手を伸ばしてくる人には警戒します。これは恐怖だけでなくテリトリー問題も絡んでいるのかもしれません。それでも噛み癖はわが家へ来た当初よりは随分と改善されたと思います。

寧々の本来の性格

寧々の元々の性格は、天然お気楽女子だと思うのです。家族にたいしては神経質な部分はまるでありません。いつも尻尾フリフリのご機嫌ガール。なつくまでには少々時間がかかりますが、なつけば自らアピールして撫でてもらうため、貪欲に頭を擦りつけに来ます。

最近の寧々さん

まとめ

噛み癖は直さなければならないものですが、もし寧々が渡り歩いてきたブリーダーでもう少し愛情のある生活を送っていたら、人間への認識や恐怖感なんかも違っていたのではないかと思ったりします。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました